ブログ

環琵琶湖文化論実習2班の記録

1回生を対象とする本実習2班は、「信仰と水陸交通からみる湖東・湖南の地域文化」をテーマとしてコースを組みました。

 

8月9日には、草津宿本陣や旧和中散本舗といった陸上交通に関係する施設や、江戸時代に琵琶湖の舟奉行をつとめた芦浦観音寺を見学しました。【写真1】は、旧和中散本舗でご当主のお話を聞きながら野帳にメモをとる学生たちの様子です。

 

同月10日は、ヨシ葺きの屋根が美しい瓦屋禅寺や阿賀神社(太郎坊宮)など聖徳太子伝承が伝わる寺社を踏査しました。また、近江商人に関係する施設として、伊藤忠兵衛記念館と旧豊郷小学校校舎群を見学。【写真2】は、旧豊郷小学校の開放感あふれる講堂での全員着席写真です。

 

同月23日は、天台宗の名刹百済寺をじっくりと拝観しました。また、今回の実習の目玉として、百済寺から発見された古文書の整理に従事させていただきました。【写真3】は、東近江市の学芸員さんの指導を受けながら、古文書のホコリを刷毛や筆で慎重に落としている場面です。

 

3日間とも、各訪問先で大変丁寧な説明をいただき、教員にとっても勉強になりました。お世話になりました関係各位に、改めまして御礼申し上げます。事前学習をして臨んだ学生たちにとっても、現地を訪れることで、いろいろな発見があったことと思います。秋からのさらなる有意義な学びにつながることを期待したいものです。

(東 幸代・石川慎治)

 

【写真1】

【写真2】

【写真3】

 


就職セミナーを実施しました

地域文化学科では、今年も夏休み前に、学科2回生向け就職セミナーを実施しました。このセミナーは、まだ就活に本格的に取り組みはじめる前の段階の学生たちを対象とした「就職活動の第一歩」をテーマとする講演会です。講師は、日頃より滋賀県立大学の学生たちの就職活動をご支援くださっておられる、学生支援センター特任教授の高松徹先生です。講演では、最新の就活事情を踏まえつつ、滋賀県立大学の学生が取り組んでいる就職活動の実情を前提としたお話を聞くことができ、就活というものをより身近で具体的に捉えられる機会となりました。(金)

 

説明会の様子

 

説明会の様子


人間文化セミナー「現代韓国社会とジェンダー―韓国フェミニズム恋愛小説『僕の狂ったフェミ彼女』を読む」開催

7月21日に人間文化セミナー「現代韓国社会とジェンダー―韓国フェミニズム恋愛小説『僕の狂ったフェミ彼女』を読む」を開催しました。

 

近年韓国フェミニズム文学が注目を浴びていますが、今年3月に日本語訳が出版された『僕の狂ったフェミ彼女』(イースト・プレス)はSNSを中心に大きな反響を呼んでいます。

今回著者のミン・ジヒョンさんをお招きし、翻訳者の加藤慧さんとはオンラインでおつなぎし、本書の内容や韓国におけるジェンダーをめぐる問題についてお話を伺いました。またセミナー後には、著者のミンさんのサイン会が大学生協主催で行われました。

 

今回はコロナ感染防止の制限のため学生・教職員が対象でしたが、参加者は160名程度となりました。半数近くは事前に小説を読んで参加してくれましたが、この小説で初めてフェミニズムというものを知ったという学生も多く、小説や今回のセミナーを通し自分自身のジェンダー観を見なおす機会となったようです。

本学科にはジェンダーを研究されている先生が複数いらっしゃるので、学生にはぜひ今回の気づきを学問的にも深めていってもらいたいと思います。

わたし自身はジェンダーを専門としていないためセミナー準備は大変でしたが、非常によい勉強になりました。(木村)

 

1:人文セミナーの様子①

2:人文セミナーの様子②

3:サイン会の様子