地域文化で学ぶこと。

地域文化学科では、私たちの生活のよりどころである「地域」に着目し、多様な学問手法とフィールドワークによって、そこに住む人々とその文化を考えます。 教員・学生の研究は、時代でいえば古代から現代まで、 地域でいえば滋賀から日本全国、朝鮮半島や中国まで、 テーマでいえば 13 の専門分野に広がります。

フィールドワーク紹介 留学のススメ
  • 日本史(古代/中世/近世)
  • 日本美術史
  • ジェンダー史

古文書や古記録、美術品の調査や聞き取り調査など、現地でのフィールドワークをも取り入れながら、多面的に歴史研究を進めています。

  • 世界遺産学
  • 日本考古学
  • 保存修景論
  • 民俗学

各地に残された古代の遺跡や歴史的景観、生産・生活用具などの地域遺産を調査記録し、持続可能な状態で後世に残し活用するための方法を学びます。

  • 東アジア交流史
  • 現代中国論
  • 文化人類学

長期的な広い視野を持って東アジアの交流史を学ぶことで、今私たちが持っている歴史認識をとらえなおし、21世紀の東アジアの国際関係を考えます。

  • 社会学
  • 人文地理学
  • 地域計画学

祭・芸能・アートといった文化や、人口動態、各種産業、都市問題などを調査してデータを集積し、地域的特徴やその背後にある要因について研究します。

4年間の学習フロー

4年間の学習フロー

1年次

全員が1年間の環琵琶湖文化論実習(2泊3日のフィールドワークを含む)に参加し、滋賀県の歴史・文化に関するテーマを各自研究します。各分野の基礎科目を学びます。

2年次

3年次のゼミ配属に向けて、各教員の「プレゼミ」に参加し、自らの興味・関心のありかを探っていきます。各分野の基礎・専門科目を学びます。

3,4年次

原則として2年間、同一ゼミに所属し、専門的学習を深め、自分で見つけたテーマについて調査・研究を行い、卒業論文をまとめます。

    1年次に履修できる学科基礎科目:

  • 日本文化論
  • 日本史概説
  • 日本史料講読
  • 芸術学
  • 考古学
  • 東アジア考古学概論
  • 地域文化財論
  • 民俗学
  • 東洋史概説
  • 現代中国論
  • 日本社会論
  • 人文地理学
  • など

    2〜4年次に履修できる学科専門科目:

  • 歴史的地域論
  • 近世近江論
  • 地域経済史論
  • 古文書演習
  • 美術史
  • 比較文明論
  • 考古学特論
  • 考古学実習
  • 文化財・保存修景論
  • 民俗学特論
  • 中国地域文化論
  • 朝鮮地域文化論
  • 東アジア世界論
  • 文化社会学
  • 人文地理学
  • 地誌学
  • 地域と経済
  • 地域と行政
  • など

留学のすすめ

論文紹介

    - 歴史 -

  • 平安貴族社会における花宴
  • 多様な性をめぐる滋賀県内企業のチャレンジ
    ~美成産業株式会社の事例から~
  • 戦時期における地域婦人会の活動
  • 奈良PRセンター街における基地問題とジェンダー
    ~映画『狂宴』を通して~
  • 内裏における門の通過と平安貴族社会
    -陰明門を事例として-
  • 平安貴族社会における人物の呼称
  • 平安期の教育
  • 山城国伏見荘における侍
    -小川氏・三木氏の再検討-
  • 中世後期高野山領荘園の支配体制
    -紀伊国靹淵荘を事例として-
  • 中世甲賀における「三方」
  • 近江浅井氏の領国支配
    -発給文書の分析を中心に-
  • 織田信長の近江支配
  • 修験道本山派成立過程の再検討
  • 中世堅田の湖上特権と琵琶湖地域
  • 膳所藩における行倒人対応
    -「膳所藩郡方日記」を用いて-
  • 近世後期における彦根での麻疹対応
  • 学校組織におけるミドルリーダーの実態

    - 地域遺産 -

  • 開窯期の信楽焼
    -常滑焼との比較を含めた再検討-
  • 近江における緑釉陶器生産について
  • 尾張地方を中心とする須恵器系埴輪の変遷
  • 方頭共鉄柄刀の研究
    -分類の再検討と他刀種との比較
  • 滋賀県出土の土偶について
  • 中世近江における瓦質土器の研究
  • 一括出土銭の研究
    -銭貨と共伴遺物の類型からみたその背景-
  • 十三まいりの現代的変容
  • 東近江市伊庭の絵系図詣からみるイエ意識
  • 子どもの年中行事にみられる遊戯的要素
  • 立山芦峅寺における布橋灌頂会の変遷
  • 静岡県における蛇と災害の伝承
  • 長浜における浜仏壇の現代的展開
  • 現代における葬儀の変化とコロナ禍
  • 家屋台帳を用いた長浜市余呉町菅並の集落景観に関する考察
  • 滋賀県内における曳山祭の山蔵に関する考察

    - 交流 -

  • ライフスタイル本にみるフランス表象
  • 地域博物館保持における学生の参与体験と役割
    -近江楽座「地域博物館プロジェクト」を事例に-
  • 日比国際結婚家庭における生活実態
  • 不登校・家庭の問題を抱える子どもたちの居場所をめぐる研究

    - 現代社会 -

  • 彦根市における焼肉店の立地展開とその特徴について
  • 農産物直売所出荷者の販売戦略についての考察
  • 観光地域づくり法人の役割分担と組織間連携に関する研究
    -滋賀県の3つの観光地域づくり法人を事例にして-
  • アニメ聖地の変容に関する研究
    -滋賀県犬上郡豊郷町を事例として-
  • 全県一区制度導入による滋賀県の教育格差
  • 三重県における清酒業の発展戦略
  • 地方都市における高齢者の外出支援事業の有効性と課題
  • 持続的な都市公園づくりを目的としたエリアマネジメントの実態
    -草津川跡地de愛ひろばを事例に-
  • 都市公園の再整備を契機としたまちづくり活動の変遷
  • 歴史的景観の保全をテーマとするまちづくり活動の現状
  • 歴史的風致形成建造物の保全に資するまちづくり活動の特徴
    -滋賀県彦根市旧彦根城下町を事例として-
  • アーバンデザインセンターにおける各主体間連携の現状と課題
    -滋賀県草津市の取り組みを事例に-
  • 景観形成の観点から考察した駐車場の整備状況
  • 地方都市の混住地域における土地利用の現状と課題
  • 日本の同性愛への寛容言説の変遷
    2004年から2016年までの新聞分析を手がかりに
  • 自治体による防災士への支援体制の現状と課題
    -滋賀県を事例として
  • 学生がアートプロジェクトへ与える影響
    -滋賀県彦根市花しょうぶ通り商店街のアートフェスタ勝負市を事例として
  • 大学生協の持続可能性
    -滋賀県立大学生協を事例として-
  • プロレス興行の盛衰
    -沼津プロレスにみるプロレスの可能性