地域文化で学ぶこと。

地域文化学科では、私たちの生活のよりどころである「地域」に着目し、多様な学問手法とフィールドワークによって、そこに住む人々とその文化を考えます。 教員・学生の研究は、時代でいえば古代から現代まで、 地域でいえば滋賀から日本全国、朝鮮半島や中国まで、 テーマでいえば 13 の専門分野に広がります。

フィールドワーク紹介 留学のススメ
  • 日本史(古代/中世/近世)
  • 日本美術史
  • ジェンダー史

古文書や古記録、美術品の調査や聞き取り調査など、現地でのフィールドワークをも取り入れながら、多面的に歴史研究を進めています。

  • 世界遺産学
  • 日本考古学
  • 保存修景論
  • 民俗学

各地に残された古代の遺跡や歴史的景観、生産・生活用具などの地域遺産を調査記録し、持続可能な状態で後世に残し活用するための方法を学びます。

  • 東アジア交流史
  • 現代中国論
  • 文化人類学

長期的な広い視野を持って東アジアの交流史を学ぶことで、今私たちが持っている歴史認識をとらえなおし、21世紀の東アジアの国際関係を考えます。

  • 社会学
  • 人文地理学
  • 地域計画学

祭・芸能・アートといった文化や、人口動態、各種産業、都市問題などを調査してデータを集積し、地域的特徴やその背後にある要因について研究します。

4年間の学習フロー

4年間の学習フロー

1年次

全員が1年間の環琵琶湖文化論実習(2泊3日のフィールドワークを含む)に参加し、滋賀県の歴史・文化に関するテーマを各自研究します。各分野の基礎科目を学びます。

2年次

3年次のゼミ配属に向けて、各教員の「プレゼミ」に参加し、自らの興味・関心のありかを探っていきます。各分野の基礎・専門科目を学びます。

3,4年次

原則として2年間、同一ゼミに所属し、専門的学習を深め、自分で見つけたテーマについて調査・研究を行い、卒業論文をまとめます。

    1年次に履修できる学科基礎科目:

  • 日本文化論
  • 日本史概説
  • 日本史料講読
  • 芸術学
  • 考古学
  • 東アジア考古学概論
  • 地域文化財論
  • 民俗学
  • 東洋史概説
  • 現代中国論
  • 日本社会論
  • 人文地理学
  • など

    2〜4年次に履修できる学科専門科目:

  • 歴史的地域論
  • 近世近江論
  • 地域経済史論
  • 古文書演習
  • 美術史
  • 比較文明論
  • 考古学特論
  • 考古学実習
  • 文化財・保存修景論
  • 民俗学特論
  • 中国地域文化論
  • 朝鮮地域文化論
  • 東アジア世界論
  • 文化社会学
  • 人文地理学
  • 地誌学
  • 地域と経済
  • 地域と行政
  • など

留学のすすめ

論文紹介

    - 歴史 -

  • 月岡芳年「月百姿」研究
  • 山本芳翠筆「浦島図」研究
    -オリエンタリズムとの共通性から-
  • 「天稚彦草紙絵巻」の研究
  • 「一遍聖絵」に描かれる非人に関する考察
  • 過状から見る平安時代
  • 現代日本における女性管理職とそのロールモデル
  • 日本古代における怪異と狐
  • 平安貴族社会における病と見舞い
    -病者をとりまく“とぶらい”の世界-
  • 河内源氏からみる平安時代の武士団の主従関係について
  • 滋賀県における教育のジェンダー主流化とその変遷
    ~児童生徒向け男女共同参画社会づくり副読本を通して~
  • 平安期の教育
  • 企業のジェンダー平等推進と男性の家事・育児参加
  • 京・大坂・江戸から考える女紋の存在
    -江戸時代の女性が使用する紋の性格-
  • 江戸時代後期の落書から見た民衆
  • 健康経営における女性の健康保持・増進について
    ~月経問題への取り組みにむけて
  • 近世後期の出板統制
    ~「不束成儀」を巡って~
  • 外村作品における表現の変化

    - 地域遺産 -

  • 中世山城における切岸の考古学的研究
  • 近江の土師器皿
    -16世紀の京都との比較を中心に-
  • 国分寺・国分尼寺跡における史跡整備の現状と課題
  • 中世近江の井戸
    -井戸枠からみる傾向-
  • 東京湾要塞の研究-桜花章煉瓦を中心にして-
  • 山村からの移住に伴う民俗の形成
  • 民俗儀礼における子どもへの供物の分配
  • 山村における交易の変化
  • 長浜市余呉町菅並集落における余呉型民家の変遷に関する考察
  • 大津市ナカマチ商店街における生活景の保全・育成の意義に関する考察
  • 滋賀県湖北地域の宿場町における町家の2階壁面に関する考察
    -米原宿・長浜宿を事例として-
  • 彦根城下町における足軽屋敷の改修と活用についての研究
  • 近江八幡市八幡重要伝統的建造物群保存地区の修理・修景の傾向に関する考察
  • 愛知県一宮市・山本直右衛門家住宅の文化的価値に関する考察
  • 新型コロナウイルスがもたらした観光地の変容
    -世界遺産白川郷の事例から-
  • 明治産業革命遺産からみる日韓関係の摩擦
    ~軍艦島を事例として~
  • 古墳壁画四神図の系譜的検討
    -高句麗壁画古墳と高松塚・キトラ古墳を中心に-

    - 交流 -

  • 「イエローフィーバー」をめぐるアイデンティティ・ナラティブ
    -イギリスを事例として-
  • 日台交流における親日イメージの活用
    -飛虎将軍廟を事例に-
  • 都市伝説化する風習
    -ネットロア「おじろく・おばさ」の事例から-
  • ベジタリアンによる菜食の実践
    -例外的選択をする人々に着目して-
  • 日本のK-POPファンは日韓関係にどう向き合うのか
  • 日本の子育て環境における在日インドネシア人女性の困難さと適応
  • 「歌ってみた」文化の形成と展開-支えるファンに着目して
  • 在日外国人が日本の教育に対して抱く違和感から見直す国際理解教育
    -歴史認識のあり方を問い直す必要性-

    - 現代社会 -

  • 環境活動における企業と地域住民の関係
  • 綾部市における限界集落問題への対応
  • 滋賀県長浜市浜縮緬産地における産地改革プロジェクトに関する研究
  • 三重県桑名市寺町通り商店街の定期市の意義
  • 滋賀県米原市の布団産業についての研究
  • 水害リスクに対する地域防災力向上を目的とした地域活動の実態
    -東海豪雨を経験した愛知県清須市西枇杷島町を事例に-
  • 歴史公園内の移動等円滑化における現状と課題
    -金沢城公園内の周遊コースを事例として-
  • 中心市街地における地域・大学の協働を通じた地域振興活動の実態
  • 重要伝統的建造物群保存地区の浸水対策におけるまちづくり活動の実態
    ―彦根市河原町芹町地区を事例として―
  • 生活道路を対象とした地域ぐるみによる交通安全対策の実際
    -自転車の安全を考慮した道路の管理について-
  • 地場産業の情報発信における自治体アンテナショップの模索
    ~岐阜駅高架下のアクティブGを事例として~
  • 三保松原における景観保全活動の実態
    -活動団体間の連携構造に注目して-
  • シンボルロード整備事業で形成された街路樹管理の連携体制
    -彦根市 夢京橋キャッスルロードを事例にして-
  • 自治体による道路整備と視覚障害者のニーズの差
    ――彦根市交通バリアフリー基本構想を事例として
  • 地域消防団の持続可能性
    ―多賀町消防団の変遷を事例として―
  • 女性警察官に関する研究
    ―滋賀県警察を事例として―
  • サードプレイスとしてのパチンコ店
    ―彦根市のあるパチンコ店を対象に―
  • 被差別部落における学力向上のためのネットワークについて
    ―町営学習塾を事例にして―