2021年1月30日

6m立法の空間

2020年度基礎設計製図の最後の課題は6m立法の空間です。

 

「6mという空間に合っている設計」というのが非常に重要です。

「6m」に自分のやりたいことを押し込んでいる人とは大きく異なります。

 

今回は写真が良いものが多かった印象です。天気の良い日に撮影できるかどうかでかなり印象が変わります。

屋根、壁を外せるようにとは書かれていましたが、作らなくて良いとは言ってません。

壁と天井がない作品が多かったです。来年はちゃんと作ってもらえますようここにメモしておきます。

立方体の中に卵が入っている対比とリアリティのあるスケール。サッシが効いています。写真とプレゼンが抜群でした。

敷地は山科のインクライン。非常に面白い敷地を活かした提案です。建物の中身が車輪で引き出されます。外壁のレンガもその土地にあったねじりまんぼからの引用です。実際に建っていたら大人気になるでしょうね。

床と壁と階段を巧みに使った、ジャングルジム的構成が非常に面白い案です。

醒ヶ井の梅花藻をみるための施設。階段の水面のブルーの樹脂など樹脂から作っています。非常に精緻に作られており模型の精度は1位でした。

変化のある空間が面白い提案です。

建築の中に船が入っています。船屋からインスピレーションを得た作品です。

和歌山の海の前に位置するギャラリー。

ランドスケープとしての面白い土地への建ち方をしているデザインの展望台。

[]