人間文化学研究科

滋賀県立大学では、さらに学を深めたい、もっと高度な研究に取り組みたいという声に応えるため、大学院を設置しています。

地域文化学専攻

本専攻においては、日本・地域文化論、アジア・地域文化論、考現学・保存修景論の3部門を設け、新しい時代に適応する地域社会はいかにあるべきかを、歴史的・文化的・社会的観点から追求する教育研究を展開します。具体的には歴史学・考古学・民俗学・地理学・社会学・文化人類学・保存修景といった多角的なアプローチから、日本や東アジアの歴史と現在をグローバルな視点で研究しています。その上で歴史を現在に活かすべく、地域に残る文化財や歴史的環境を保存・再生し活用する取り組みを、地域社会と協力しつつ実践しています。

学びのポイント

日本と東アジア、両者の関係を見据えた教育研究

地域社会の歴史と現在、双方に目配りできる広い視野

地域に残る文化資源の保存と再生、活用への取り組み

生活文化学専攻

本専攻においては、生活科学と人間科学の立場からライフスタイルを取り扱います。人間のライフサイクル全般を通した生活と社会とのかかわりを、生活デザイン、食と健康、人間関係の視点から根底的に見直し、真に充足した健康で快適な生活文化と生活環境とを生み出すための教育研究を展開します。このため、生活デザイン部門(生活デザイン論研究部門)、健康栄養部門(健康栄養研究部門)、人間関係部門(人間関係論研究部門)を設置しています。

学びのポイント

専門分野の第一線で活躍する優れた教育研究スタッフ

最先端の研究に取り組める研究環境

実験・実習を重視したきめ細やかな指導体制