大学入試統計掲載ページへ     大学入試過去問題掲載ページへ

 人間関係学科では、心理学、社会学、教育学など人間関係論にかかわる各分野の教育・研究を通じて、人間らしい心の発達と生きがいの感じられる生活や社会システムの構築に参加できる人材の養成をめざしています。そこで、


・心の発達と人とのかかわり

・コミュニケーションと社会・文化の形成

・生涯にわたる発達と教育的援助


などの諸問題に関心をもち、少人数ゼミにおける積極的な討論や、様々な実験・調査・分析などを通じて主体的・創造的に学習や研究をしたいと考えている人を求めます。このため、入学者には、これらの基礎となる国語、社会、数学、理科、外国語をはじめとした幅広い学力をバランスよく備えていることが期待されます。



POINT 1: 多角的なアプローチの習得
 心理学・教育学・社会学を専門とするユニークなスタッフとともに多角的なアプローチで人間関係の深遠に迫ります。

POINT 2: 実践的なスキルの体得
 豊富に用意された調査実習・実験実習を通して、柔軟な思考と実践的なスキルの獲得を目指します。

POINT 3: オリジナルなテーマの追求
 少人数でインタラクティブな講義・演習が多く、きめ細やかな指導のもとで、自分だけの研究テーマを深めることができます。


■NEWS■

2021/3/24
2022年度の新入生オリエンテーションについての情報を更新しました。こちらからご覧ください。

2021/3/12
2022年度の新入生オリエンテーションについてのページを作りました。

2020/4/22
Twitterアカウントを作成しました。 @jinkan_usp

2020/4/1
高梨克也教授が着任いたしました。ゼミ紹介はこちらです。