地域の歴史・文化のスペシャリストを目指す

地域文化学専攻博士前期課程「日本・歴史文化論部門」・「日本・現代地域論部門」、後期課程「日本・歴史文化論研究部門」・「日本・現代地域論研究部門」では、多様な専門分野・研究手法で、日本・アジアを中心とする地域社会の歴史や文化を研究し、スペシャリストを目指します。
「日本・歴史文化論部門(研究部門)」では、日本史・ジェンダー史・日本古代史・日本近世史・日本美術史・日本考古学・世界遺産学、「日本・現代文化論部門(研究部門)」では、日本民俗学・人文地理学・地域産業研究・保存修景・集落研究・地域計画学・地域計画学・現代中国論・文化人類学・社会学が学べます。

Step1

知識・研究手法のブラッシュ・アップ

歴史・文化について広範な知識を身につけます。古文書の解読、発掘技法、聞き取り・参与観察などの調査方法、データ処理のスキルを磨きます。

Step1

課題の発見

研究テーマに応じた研究計画を立て、指導教員の指導を受けながら研究を進めます。研究過程で発見した課題を新たな研究へと発展させます。

Step1

研究成果の地域への還元

地域が直面している歴史・文化面での課題について、研究を通じていかなる貢献ができるかを考えます。

博士前期課程2年間の学習フロー

博士前期課程2年間の学習フロー

1年次 前期

学位取得までのロードマップを確認し、研究計画書を作成します。
研究計画書に基づき、文献資料調査、実地調査を開始します。

1年次 後期

前期の予備調査/資料収集に基づき、仮説を立て研究テーマを確定します。
研究計画書を見直し、本調査を開始します。
年度末には1年次での研究成果を報告します。

2年次 前期

修士論文提出までのスケジュールを確認します。
調査データ/資料の解釈を進め、論文の構成を立てます。
補足調査が必要であれば実施します。

2年次 後期

修士論文中間報告会で概要を発表し、コメントを検討の上、修士論文の執筆を進めます。
修士論文の提出後、口頭試問を受けます。
合格すれば、学位(人間文化学 修士)が授与されます。

博士前期課程 地域文化学専攻「日本・歴史文化論部門」「日本・現代地域論部門」の履修科目

    1年次:

  • 日本考古学A・B
  • 環琵琶湖地域論A・B
  • 女性史・ジェンダー文化論A・B
  • 美術史特論A・B
  • 対外文化交流特論A・B
  • アジア考古学A・B
  • 中国文化史特論

    2年次:

  • 日本生活文化論
  • 社会学特論A・B
  • 地域産業論A・B
  • 環琵琶湖保存修景計画論
  • 地域計画特論
  • 地域文化遺産調査・情報論
  • 現代中国特論A・B

博士後期課程3年間の学習フロー

博士後期課程3年間の学習フロー

1年次 前期

学位取得までのロードマップを確認し、研究計画書を作成します。
調査資金が必要な場合は助成金の申請を行います。
研究計画書に基づき、文献資料調査、実地調査を開始します。

1年次 後期

前期の予備調査/資料収集に基づき、仮説を立て研究テーマを確定します。
研究計画書を見直し、本調査を開始します。
年度末、研究進捗報告会にて1年間の成果を報告します。

2年次 前期

博士論文提出までのスケジュールを確認し、文献資料調査/実地調査を進めます。
研究成果をまとめ、学会報告や学会誌への論文投稿を行います。

2年次 後期

研究を進めるとともに、研究成果を学会や学会誌などで発表します。
博士論文の構想を研究業績に基づき博士論文中間報告会で報告します。

3年次 前期

研究業績の蓄積、博士論文執筆計画をもとに、博士論文予備審査会の審査を受けます。
予備審査のコメントを踏まえて、博士論文の執筆を進めます。

3年次 後期

指導教員の指導を受けながら博士論文を完成させます。
博士論文を提出し、口頭試問を受けます。
合格すれば、学位(人間文化学 博士)が授与されます。

博士後期課程 地域文化学専攻「日本・歴史文化論研究部門」、「日本・現代地域論研究部門」の履修科目

    1年次に履修する必修科目:

  • 研究方法特論
  • リサーチ・ワークショップ

    1〜2年次に履修する選択科目:

  • 日本・歴史文化論特別演習
  • 日本・現代地域論特別演習

    1〜3年次に履修する選択科目:

  • 日本・歴史文化論特別研究
  • 日本・現代地域論特別研究

先輩紹介

修論紹介

    - 日本・歴史文化論部門 -

  • 肥前・肥後国における城郭石垣に関する研究
    -寺澤氏の本支城を中心として-
  • 桐文瓦の基礎的研究
    -近世初頭の事例を中心に-
  • 考古学からみた近江の中世遺跡
    -中世遺跡の評価をめぐって-

    - 日本・現代地域論部門 -

  • 民俗宗教的聖地の形成と展開
  • 伝え表される情報・状況
    -東近江市の太鼓櫓の民俗を中心に-

博士前期課程修了後の進路

  • 本学大学院博士後期課程、滋賀県草津市、野洲市、日野町、京都府南丹市、平和堂、日本共産党、愛知県陶磁博物館学芸員、鳥取県立博物館学芸員、名古屋市立博物館学芸員、南丹市立文化博物館学芸員、大分県教育委員会文化財専門職、沼津市教育委員会文化財専門職員、熊本市熊本城調査研究センター専門職員、武雄市教育委員会生涯学習課文化財専門職員、(公財)岐阜市文化振興財団文化財専門職

博士後期課程修了後の進路

  • 中国広西民族博物館研究員、京都鉄道博物館学芸員、滋賀県、米原市